耐性装備の有益性について

最終更新日:2021年6月1日

イルーナ戦記現環境で『耐性装備』の話をよく耳にすることがあると思います。
『耐性装備』は決して壁職だけのものではなく、ソロ職は勿論火力を含めた全職業にも大きなメリットが!パーティ火力職の場合耐性装備を求められる事はほとんどありませんが
壁職については必須項目、サポート職もほぼ必要な感じ。
(無効化など特別な構成の場合を除き)この記事では『耐性とは…?』から、どれほどの有益性があるのか紹介します。

 

①ダメージ計算式

wiki様や過去の先人達により、現在の物理、魔法の被ダメージは下記計算式より求められるようです。

物理被ダメージ=
(敵ATK値+ランダム値-自DEF)×{1-(装備DEF+装備精錬)÷100}×(1-物理耐性)
魔法被ダメージ=
{敵MATK+ランダム値-MDEF×(1+MDEF%)}×(1-魔法耐性)

上記式の赤字の部分に注目!

被ダメージの大元になる

物理(敵ATK値+ランダム値-自DEF)、

魔法{敵MATK+ランダム値-MDEF×(1+MDEF%)} について

耐性値は掛け算(乗算)されている事。

魔法耐性10%=魔法ダメージ10%軽減と同意!

関連ページ

物理被ダメージ軽減につながる装備DEF値、精錬値に関する記事はこちら

 超装備による被ダメージ軽減の有益性について 

 

②物理・魔法耐性の上限は95%

物理耐性の上限値は95%

魔法耐性の上限値は95%

(一部サウロフィールドは上限値195%?)

 

物理耐性95%なら、物理被ダメージを95%軽減できる事になる

魔法耐性95%なら、魔法被ダメージを95%軽減できる事になる

 

③スキルによる物理・魔法耐性値

パラディン、グラディエーター、ビーストナイトなどが使えるガードは物理耐性が上がります。

ガードLv2で物理耐性30%

 

ビショップのパッシブスキル

イージスLv3で魔法耐性+50%

 

④物理・魔法耐性の真なる有益性!

物理・魔法耐性は上限値:95%であれば、被ダメージを95%軽減できます。

敵の攻撃といってもイルーナ戦記には

通常攻撃、魔法攻撃、範囲攻撃、割合攻撃…等々いくつかの種類があります。

物理耐性は全物理攻撃に対し有効!

魔法耐性は全魔法攻撃に対し有効!

 

但し一部のクリティカル攻撃やフィールド効果によるダメージは軽減できない。

 

まとめ

例えば…

ヤフーラ尖塔のサードアイズは特殊攻撃として物理割合攻撃(60%)をしてきます。

自身HP100,000あるとすると、物理割合攻撃は60,000ダメージ。

厳密にはそこからステータスDEF値を引く事になり、仮にDEF1000とします。

60,000-1,000=59,000

物理耐性50%だと、被ダメージは29,500

物理耐性95%だと、被ダメージは2,950

ここから更に☆能力(割合軽減など)でダメージ軽減が可能になる

物理・魔法耐性は壁職のためだけでは決してありません。

上記のように被ダメージを大きく減少させる事ができる大変重要な要素。
ソロ職でも被ダメージが痛くて連戦できなかったボスも、耐性装備構成ならストレスフリーで連戦出来る事も多々あります。
当然自身の攻撃力とバランスをとりながら装備構築をする事になりますが。
装備構成検討&構築するのもイルーナ戦記の楽しみだと自分は考えます。

最後に物理・魔法耐性のメリットを…
物理耐性は全物理攻撃、魔法耐性は全魔法攻撃に対し有効!

おすすめの記事