オートスキル複数発動の確率計算

最終更新日:2021年5月30日

イルーナ戦記には
『防御時確率で…』『攻撃時確率で…』
といった装備や◇などが複数存在します。

職業により3ヶ所、4ヶ所とオートスキル発動に頼る構成となる事も。

そのオートスキルが複数発動する場合の確率求め方を紹介。

エンチャンターや無効化装備使う人は装備構成構築に役立つかも。

①基礎発動率の把握

オートスキルがついている装備や◇によって、基礎となる発動率が個別に設定されています。

当然種類によって基礎発動率が異なるので、まず最初に正確な数値把握が必要。

代表的なオートスキル◇&装備
◇ユル
基礎発動率:1%
◇ヴェレノロサ
基礎発動率:30%
◇プロボーグ
基礎発動率:10%
ゲーニウス(剣)
基礎発動率:5%

 

ドラゴンミュール(体)
基礎発動率:10%

エンシスシルト(追加)
基礎発動率:10%

 

②オートスキル発動計算

自身の装備構成でオート率を把握。

オートスキル発動率(%) = 基礎発動率 + 装備構成オート率

例題:オート率44%ミンストレルの場合

ドラゴンミュール装備時は、

基礎発動率10% + オート率:44% =

54%の確率で無効化&反撃スキルが発動。

 

複数オートスキルとなる場合、個別に発動率を把握する必要がある。

武器、体、追加、特殊の4ヶ所オートスキル構成を組んだ場合は、4ヶ所把握必須。

 

仮に本記事では…

オートスキル1の発動率を『A』

オートスキル2の発動率を『B』

オートスキル3の発動率を『C』

オートスキル4の発動率を『D』

とします。

 

③複数オートスキル同時発動する確率計算

イルーナ戦記でのオートスキル発動最大数は4ヶ所。

オートスキル『A』、『B』、『C』、『D』が同時発動する場合の計算。

4ヶ所の場合
(A×B×C×D) ÷ 100³
3ヶ所の場合
(A×B×C) ÷ 100²
2ヶ所の場合
(A×B) ÷ 100

例題1:オート率44%ミンストレルの場合

装備がゲーニウス、ドラゴンミュール、エンシスシルトとします。

ゲーニウス=発動率:49%

ドラゴンミュール=発動率:54%

エンシスシルト=発動率:54%

(49×54×54)÷(100×100)=

14.29%の確率で無効化&反撃スキルが3ヶ所同時発動。

 

例題2:オート率44%ミンストレルの場合

装備がゲーニウス、エンシスシルトとします。

(49×54)÷100=

26.46%の確率で無効化&反撃スキルが2ヶ所同時発動。

 

④複数オートスキルが発動しない確率計算

複数オートスキルが1ヶ所も発動しない場合の計算式。

ここでは発動しない事を想定して計算していく。

オートスキル不発動率(%) = 100% - (基礎発動率 + 装備構成オート率)

例題:オート率44%ミンストレルの場合

ドラゴンミュール装備時は、

100% - 基礎発動率10% + オート率:44% =

46%の確率で無効化&反撃スキルが発動しない。

 

4ヶ所の場合
(100-A)×(100-B)×(100-C)×(100-D)÷100³
3ヶ所の場合
(100-A)×(100-B)×(100-C)÷100²
2ヶ所の場合
(100-A)×(100-B)÷100

例題1:オート率44%ミンストレルの場合

装備がゲーニウス、ドラゴンミュール、エンシスシルトとします。

ゲーニウス=発動率:49%

ドラゴンミュール=発動率:54%

エンシスシルト=発動率:54%

(100-49)×(100-54)×(100-54)÷(100×100)=

10.79%の確率で無効化&反撃スキルが何も発動しない。

 

例題2:オート率44%ミンストレルの場合

装備がゲーニウス、エンシスシルトとします。

(100-49)×(100-54)÷100=

23.46%の確率で無効化&反撃スキルが何も発動しない。

 

⑤複数オートスキルが最低1ヶ所以上発動する確率計算

④の複数オートスキルが発動しない確率計算で求めたオートスキル不発動率を使う。

1ヶ所以上オートスキル発動率(%) = 100% - オートスキル不発動率

例題1:オート率44%ミンストレルの場合

装備がゲーニウス、ドラゴンミュール、エンシスシルトとします。

オートスキル不発動率は10.79%

100-10.79=

89.21%の確率で最低1ヶ所以上の無効化&反撃スキルが発動。

 

おすすめの記事