スナイパー・ステ振り&アルクリスタ&レリック

最終更新日時:2023年9月16日

2023年1月現在のスナイパー・ステ振り、アルクリスタ、レリックについて記載しているページです。
現在のLvキャップは435
各ステータスに割り振れる最大ポイントは『473』となっています。
パーティー組むこと前提(でも極火力では無い…)、たまにソロも出来るような構成としているつもりです。
自分は現在こうなっていますが、これが正解ではありません。
各自のプレイスタイルを考慮し、参考程度にとどめて下さい。

更新記録

2023年9月16日:▲ページ追加(無属性特化)
2023年8月2日:▲変更、ステータス変更
2023年5月13日:▲、▢、ステータス変更
2023年1月28日:Lv435ベースへ変更
2022年6月29日:▲、ステータス変更
2021年9月19日:▲構成変更
2021年5月3日:新規記事作成

ステータスポイント振り分け(ステ振り)

基本ステータス

STRとDEX、CRTは上限473まで極振りをしています。

AGIについては諸説色々ありますが、現在は145としています。

各ポイントに振り分けた余りをVITに振っています。

ヒドゥン弓最速値
スキルのヒドゥンを最大限に生かす為には通常攻撃を弓最速にする必要があります。
弓最速=ASPD367と言われていますが…
このASPD値だけを満たすようにAGIを振っていくと弓最速となりません。
最速かどうかを比べる方法として、ペットスキルのハイサクルを掛けて通常攻撃が早くなったら弓最速でない証拠になります。
またAGIを少しずつ振って最速にしても日付が変わると曜日ボーナスの影響か最速でなくなったりすることも…
よく『スナイパーはAGIいくつ振ればいいの?』と聞くのですが
所属するギルドのギルドリンクや◇、▲、☆、装備などの複合要素により一概にいくつと言えないようです。
自分も何度かステ振り書を使い迷走した時期がありましたが、あれこれ悩むのもストレスなので現在のAGI145としました。

2022年6月現在ラインステータスに振っていたポイントを全てVITへ割り当てました。

若干火力は落ちますがHP増える事の安心感、ソロ時の安定を優先しました。

ラインステータス

スナイパー・ステータス2

ラインステータスには赤ライン100のステータスポイントを振っています。
後述のアルクリスタ構成で自分は赤ラインが2ラインあり、そこを強化しています。
HP上昇、ATK上昇を図る事が出来ます。

スポンサーリンク

アルクリスタ構成

アポストリアのアルクリスタ構成は4ページを使用しています。

属性ヒドゥン用構成ページ

▲オリティウス:ATK+9% ボスに物理+2% 物理貫通+3% MaxHP-15%

▲ヴェルトリア:ヘイト増加-30% MP消費-15%

▲ハルノ:クリティカルダメージ+10% ATK+3% ダブルアタック発動率+5% 物理貫通-10%

▲サウロⅢ:全属性の物理+3% 全魔法威力+3% ディレイ-0.5秒 オートスキル発動+3% ATK・MATAK+30 無耐性+5%

▲ユニオンサム:STRとVITとCRTの合計が666以上の場合、 INTとDEXとAGIの合計が666以上の場合、 それぞれに対応した効果を追加で得る

( ATK +3% MaxHP +3% クリティカルダメージ +3% オートスキル発動 +3% 物理耐性 +3% 魔法耐性 +3%)

スナイパーにとってマイナスプロパティと思われるのは青字

ライン効果

赤ライン×2 = HP+500 DEF+85 HP自然回復+?
黄ライン×6 = ATK+66 物理貫通+2% 物理威力+?
*上記ラインステータスポイント分加算したスマホ版数値

属性ヒドゥン用構成ページは主に火力貢献できるATK上昇系アルクリスタをメインにし

ダブルアタック発動率アップも狙った構成としています(この構成で+10%)

ヘイト対策で▲ヴェルトリアを刺し、☆温和5,4,3でヘイト-66%にしています。

ヘイト対策としては▲ヴェルトリアorデスチルスを選択される方が多いですが、自分は物理貫通もついたヴェーテンデスを採用。
パーティー時は☆温和Lv5、4、3をつけて、ヘイト-56%となるようにしています。
物理貫通についてはDEF高いボスには有効ですが、黄色のお菓子袋使用時のシェルダメージが下がってしまうデメリットもあります。

変更記録

2023年8月2日:▲ムサシ⇒▲ユニオンサムへ変更
2023年5月13日:▲シーマッスル⇒▲ムサシへ変更
2021年9月19日:▲ヴェーテンデス⇒▲ヴェルトリア

無属性特化構成ページ

スナイパー・アルクリ構成無属性特化

▲サウロⅢ:全属性の物理+3% 全魔法威力+3% ディレイ-0.5秒 オートスキル発動+3% ATK・MATAK+30 無耐性+5%

▲ハルノ:クリティカルダメージ+10% ATK+3% ダブルアタック発動率+5% 物理貫通-10%

▲オリティウス:ATK+9% ボスに物理+2% 物理貫通+3% MaxHP-15%

▲忘失の虚:無属性に物理+15% 無魔法威力+15% 力尽きた時HP5%回復してイグナイトが発動する

▲シーマッスル:ATK+10% VIT+5 水耐性+5% 全ダメージ軽減-10%

スナイパーにとってマイナスプロパティと思われるのは青字

ライン効果

赤ライン×2 = HP+500 DEF+85 HP自然回復+?
黄ライン×6 = ATK+66 物理貫通+2% 物理威力+?
*上記ラインステータスポイント分加算したスマホ版数値

無属性ボスが多くので無属性特化した▲ページを用意。

無属性対象に与ダメージを多く与える事に特化した構成としました。

パーティ時のヘイト対策などは装備構成で対応しています。

変更記録

2023年9月16日:新規▲ページ作成

エリア&クロス用構成ページ

▲ツチノコキング:全ステータス+5 MaxHP・MP+5% ATK・MATK+5% ディレイ-0.5秒 物理・魔法耐性+5%

▲ガルー:物理・魔法耐性+10% MaxHP+8%

▲サウロⅢ:全属性の物理+3% 全魔法威力+3% ディレイ-0.5秒 オートスキル発動+3% ATK・MATAK+30 無耐性+5%

▲ヴェーテンデス:物理・魔法耐性+10% ヘイト増加-20% 物理・魔法貫通+15%

▲ハルノ:クリティカルダメージ+10% ATK+3% ダブルアタック発動率+5% 物理貫通-10%

スナイパーにとってマイナスプロパティと思われるのは青字

ライン効果

赤ライン×2 = HP+500 DEF+85 HP自然回復+?
黄ライン×6 = ATK+66 物理貫通+2% 物理威力+?
*上記ラインステータスポイント分加算したスマホ版数値

エリア&クロス用構成ページはATKを上げつつ、ディレイ-1.0秒となる構成。

複数ボスを範囲スキルのエリア&クロスで攻撃するため、

耐性が下がったりするマイナスプロパティがより少ないものを選択。

変更記録

2023年1月28日:▲サウロⅡ ⇒ ▲ガルーへ変更
2022年6月29日:▲ウーベル ⇒ ▲ハルノへ変更

ダメージ無効化&スナイパー壁用ページ

▲ツチノコキング:全ステータス+5 MaxHP・MP+5% ATK・MATK+5% ディレイ-0.5秒 物理・魔法耐性+5%

▲コーダルⅡ:オートスキル発動+5% クリティカルダメージ+5%

▲サウロⅡ:全属性の物理+3% 全魔法威力+3% ディレイ-05秒 オートスキル発動+2%

▲ユニオンサム:STRとVITとCRTの合計が666以上の場合、 INTとDEXとAGIの合計が666以上の場合、 それぞれに対応した効果を追加で得る

( ATK +3% MaxHP +3% クリティカルダメージ +3% オートスキル発動 +3% 物理耐性 +3% 魔法耐性 +3%)

▲サウロⅢ:全属性の物理+3% 全魔法威力+3% ディレイ-05秒 オートスキル発動+3% ATK・MATAK+30 無耐性+5%

ライン効果

赤ライン×2 = HP+500 DEF+85 HP自然回復+?
紫ライン×6 = オートスキル+2% ASPD+
*上記ラインステータスポイント分加算したスマホ版数値

耐性が効かないボスなどにはダメージ無効化装備構成を使う事があります。

採用した▲はオートスキル発動率が上がるもの、マイナスプロパティが少ないものを選択しました。

レリックシステム構成

レリックシステムは火力貢献できるものを軸に構成。

物理威力が上がるようにしながら、余った1マスでドロップ率アップのイースターエッグを採用し全マスに引き詰めています。

スナイパー・レリックシステム

▢ヴェーテンデス(7マス)

物理貫通+3% 物理威力+2% ATK+4%

□カイザー(5マス)

ATK・MATK+5% 自然回復+10% INT+5

□ホルテス(6マス)

ATK+4% アイテムディレイ-0.3秒

□イースターエッグ(1マス)

経験値-40% ドロップ率+4% レアドロップ率がほんのちょっと上昇する

□物理威力+1%(3マス)×個

 

スポンサーリンク
おすすめの記事