エンチャンター・新スキル&スキル調整

最終更新日:2021年8月20日

2021年8月4日に新スキル実装とスキル調整が実施されました。
第一弾としてエンチャンターがその中に!

Lv360スキルとして『エレメンタライズSLv1』『アトリブーストSLv1』が新規追加!

スキル調整は
スキルウェポンのオートスキルダメージ減衰計算式の変更
スキルウェポンにオートスキル威力増加効果の上昇
スキルウェポンのダメージ増加

 

Lv360新スキル

エンチャンター新スキル内容エンチャンター新スキル内容

エレメンタライズ

スキル取得
取得条件:エンチャンターLv360~
場所:ドリゾラ荒野 NPC:レッツェル
属性励起の記録Ⅰ(売値:1000万スピナ)
スキル効果
パッシブスキル
スキルウェポンで最後に発動した属性に準じた継続効果『属性励起』が発動する。
『属性励起』には火、水、風、地の4種類が存在。
発動した属性の魔法威力、耐性が上昇。
同じ属性のスキル『オリジン』とも継続効果は共存。

 

アトリブースト

スキル取得
取得条件:エンチャンターLv360~
場所:★首都エルダン王宮 エルバーノ王
≪収集≫
綺麗な原石 ×2個
火焔光 ×5個
≪討伐≫
ジェムアント ×30体
闇の魔導師 ×30体
スキル効果
アクティブスキル
モンスター1体に対しMDEF無視の無属性魔法大ダメージを与える。
エレメンタライズ継続効果中は、その属性に変更され、継続効果『属性活性』が発動する。
スキルウェポンによるオートスキル効果が上昇し、活性化した属性オートスキル発動に固定される。

 

所見

『エレメンタライズ』はパッシブスキルとなる為勝手に『属性励起』が発生。

攻撃対象が四元属性(火、水、風、地)の場合、

⇒弱点属性であれば魔法威力上昇により火力アップ。

⇒同属性であれば耐性値がアップ。

 

『アトリブースト』についてはアクティブスキルとなる為操作が必要。

一番のメリットがスキルウェポンの追加魔法攻撃が、最後に発動した属性に固定される事。

『属性活性』によりスキルウェポン追加魔法攻撃が固定化され、四元属性対象について弱点属性を使って火力アップを狙ったりすることが可能になる。

但し誤って意図していない『属性励起』で『アトリブースト』を使うと20秒間『属性活性』を変更できないので注意が必要。

 

スキル調整

スキルウェポンのオートスキルダメージ減衰計算式の変更

スキル調整前と後では与ダメージに大きな変化が発生。

スキル調整前の◇ユルをメイン構成とした闇魔法追加型エンチャンター装備では、凡そ4~6割減の与ダメージに。

追加攻撃ダメージ上限

9999ダメージ以上の追加攻撃に対し、

それ以上のダメージを減衰計算したうえで実際の与ダメージとする

減衰計算式(%)=キャラLv÷10 (小数点以下切捨)

*全職業共通

調整前・エンチャンター条件

他職業にはない減衰計算を緩和する事ができるのが、エンチャンタースキル『スキルウェポン』

『スキルウェポン』を掛けた状態で発動する追加攻撃ダメージの上限は

減衰計算式(%)=キャラLv÷4(小数点以下切捨)

*スキルウェポンLv3の場合

エンチャンターは他職に比べオートスキルの追加攻撃について優遇されていました。

2021年8月4日のスキル調整以降、この部分について修正が実施されました。

スキル調整以降は

減衰計算式(%)=キャラLv÷10 (小数点以下切捨)

が適用され、減衰率上限は40%となっているようです。

その為スキル調整前のエンチャンターLv425はオートスキル発動による追加魔法攻撃減衰率:106%だったのに対し、スキル調整後は40%。

オートスキル発動による追加魔法攻撃9999を超過したダメージが大きく減少した事になります。

 

おすすめの記事